trailtrailtrail

走ったこと感じたこと

ファンランからの教訓

いわきサンシャインマラソンは4時間以上かけてゆっくりファンランをしました。昨年秋に出したPBから1時間以上ゆっくりです。

f:id:trailsato:20150213000834j:plain

ゆっくりなので、ラク〜に走れると思ってました。

蓋を開けると、情けないかな、そんなに余裕はありませんでした。足底は疲労困憊。最後は足が上がらない状態でした。PBを出したときと疲労感はそれほど変わらないじゃないか、というのが感想でした。

情けないとは思いつつも、この結果から考えるのは、
「4時間以上継続して走りつづけること」
「42kmの距離を踏むこと」
というのが、スピードを出していようが出していまいが、関係なくそれなりに負荷があるんだということ。そして、自分がそれ(距離と時間)に耐えるだけの足が作れていないということ。

シンプルな結論ではありますが、ロング走不足です(最後に練習で30km以上走ったのはもはやいつかだったか思い出せない…)。これを教訓として、30〜40kmの練習を組み入れるようにしたいと思います。
広告を非表示にする