trailtrailtrail

走ったこと感じたこと

山と私

走り始めたのは大学の先輩に誘われたのがきっかけでしたが、山によく行くきっかけも同じような感じでした。

大学の裏が山、もとい大学が山の中腹にあったので、すぐ山に登れる環境にありました。山好きの先輩に誘われてときどき六甲山とかへ行きました。六甲山に登って、有馬温泉に入ってから帰るのが定番でした。

同じく誘われて、毎年3月にある六甲縦走にも参加しました。須磨から宝塚まで六甲山系の稜線を40km超、13〜14時間ほどかけて歩きます。これかなり辛いです。辛いけれど、達成感なのか何なのか、また縦走したくなり、大学にいるうちに3度参加していました。

いまトレイルを走るようになった自分の中での源流が、六甲縦走にあるような気がしています。
広告を非表示にする